交通事故相談室

事故を起こした相手の上司が出てきました

2016-12-1

良くある交差点での交通事故の話です。

信号待ちで止まっていた私の車に後方からぶつけられました。その際、首を強くシートに打ち付けたようでとても痛かったのを覚えています。しかし、車をそのまま放置するわけにはいかないので、すぐ近くにあったお店の駐車場に入れさせてもらいました。

事故を起こした相手も同じようにして、車から降りてきて開口一番に「すみません、大丈夫ですか?」と言われたので交通事故を起こしたのが変な人ではないとその時は安心しました。

後日、私の会社に謝罪に伺いたいという連絡を受け、来て頂きました。その事故の相手は仕事中の事故だったようで、上司の人が一緒に来ていました。すると、その上司の人は「あなた赤信号で止まっていたとか言っているけど、本当は動いていたんじゃないの?事故の過失を多く受けたくないから何か嘘を付いているんじゃないの?」と凄んできました。

私は嘘を付いていないし話は警察にした通りです、ということを伝え帰ってもらいました。モヤモヤする気持ちのまま保険屋に電話をかけ、今あった事を話すと、すんなり決着がつくような事故だったけれど徹底的にきちんとしておきますか?と言われ、こちらは弁護士を付けることにしました。

すると相手も大人しくなり慰謝料は通常の二倍ほど頂くことになったのです。あの上司に凄まれている時の交通事故を起こした相手の様子は今思い出してもイライラしてしまいます。何もしゃべらずに上司に任せっきりだったのですから。

最新記事