交通事故相談室

車間距離をとれない車

2016-4-20

少し前のことです。私が一直線の道を車で走行していると、横道から曲がってきた後続車が現れました。その後続車は、法定速度で走っている私を煽ってきました。抜いて行けばいいだろ、と私は呆れましたが、思えば追い越し禁止の車線だったので、抜きたくても抜けなかったのでしょう。

そんなわけで、後続車の煽りが続いていました。車間距離なんて1メートルか2メートルぐらいしかないんじゃないかと思えるほどに、私の車と後続車はべったりでした。そんな状態で交通事故が起こらない方が不思議であり、そして実際問題、交通事故は起こってしまったのでした。

次の瞬間、私の前方に猫が1匹飛び出してきました。猫を轢き殺したくはなかったので、私は急ブレーキをかけました。そして後続車は、車間距離がほぼ無い状態であったがゆえに、私の急ブレーキに対応できず、そのまま追突してきたのでした。

後続の運転手と対面

起こるべくして起こった事故に、私は本当に呆れました。前方車の急ブレーキを想定して煽り運転をしているのかと思えば、そうではなかったわけです。煽り運転をしている輩は本当にタチが悪いなと思いながら、私は車を降りて後続車の運転手のもとに行きました。警察を呼ぶ旨を伝えると、それだけはやめてくれと懇願してきました。どうやら煽り運転という悪いことをしている自覚はあったようです。

当然ながら私は、運転手の懇願なんてまともに取り合わず、警察に連絡しました。その後、過失割合は100:0で相手が全面的に悪いことになりました。私はこの時の相手を反面教師にして、車間距離はきちんと空けておこうと考えるようになりました。

最新記事